スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/--】  この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
読んだ本。
家日和
家日和

もちろんそうなんですけど、世の中、いろいろな人がいるんですよね。

この本は、タイトルからお察しのとおり、「家庭」にまつわる短編6本です。
この本を読むと、一口に<しゅふ>と言っても、いろいろな<しゅふ>がいるんだなと、楽しくなります。

面白いです。

日ごろの家事を年がら年中休みなしでこなす人たちって敬服に値しますよね。
お給料が出るわけじゃないのに、雨の日も風の日も病気の日も休むことなく、絶えることのない「家事」や「育児」に追われる毎日。
<しゅふ業>って、大変なことです。

子供のころ、何気ない一言とかで母親の努力を無駄にしてしまったこととかを、思い出しちゃいました(^^;)

ごめんよ。はは。

謝り、殊勝になるのはブログの中だけですが(笑)


以前に「プロポーズはいらない」という本を読んだのですが、この本はそれとは対照的なお話でした。

双方共に面白く、世の中って、客観的に見れば愉快なことも多いのかもしれないと安心しました~(単純なので…)。
スポンサーサイト
【2007/04/28】  この記事のURL | 読了 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<読んだ本。 | メイン | 読んだ本。>>
トラックバック
トラックバックURL
→http://sentoguts.blog37.fc2.com/tb.php/108-c4b14168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。